読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平屋の木の家【無印良品の家】@H&M HOUSE

宮崎市に平屋の木の家【無印良品の家】を建てて、2016年春から暮らしてます。マイホーム購入大変だったぁ〜ってことで経験したこと…設計や建築、家電・家具や外構・庭造り、住宅ローンなどなど、生活の中で感じたことを感じたままに記録するブログです。

内装工事の様子を見てきました。

スポンサーリンク

f:id:spankyk:20160417150642j:plain

宮崎も熊本地震の影響が未だに続き、安心できない日々…現場を見に行ってきました。
地震翌日には現場監督さんが確認に行ってくれて、メールで「大丈夫でしたよぉ〜」と連絡があったのですが、その後も揺れが続いたので、ちょっと心配してたけど、全然大丈夫そうでした。

現場では内装工事がすすんでました。
写真の白くポツポツっと見えてるのは、パネルを固定するネジ穴をパテで埋めている箇所なんです。細かい作業にビックリぽん!このパテ埋めが完了すると、AEP塗装されるみたいです。(詳細はこちらから→木の家 仕様・設備

家族と一緒に育つ壁

手入れが簡単でコストも安い壁紙も魅力的ですが、経年によって目立ってくる継目のない塗り壁と、あらわしの梁や柱は経年変化が穏やかで、劣化するのではなく、時を経て円熟し味わい深い表情に変化していきます。

木の家のAEP塗装の壁は、何度でも塗り直しが可能なため、ある一面だけを真っ赤な色にする→また白色に戻す→壁一面をキャンバスにして絵を描く→また白色に戻す、子供の落書きを成長にあわせて残したり消したりする……など、年月の経過とともに楽しむことができます。

壁紙はリフォーム時に貼り替える際、大量の焼却ごみを排出します。塗り直しが可能なAEP塗装は環境配慮への選択でもあります。
塗料にはF☆☆☆☆で健康配慮した水溶性のAEP(アクリルエマルジョンペイント)を使用。有機揮発性の有害な物質は一切含んでいません。

この壁の塗装が終わると、ぐんぐんお家っぽくなって、キッチやトイレが設置されて…いよいよ完成!ってことになるみたいです。

ワクワクです!!